お電話で相談
LINEで相談
ご利用の流れ
会社案内

事例紹介

2階の雨樋のつまり解消・高圧洗浄について / 日野市

どーも店長です。
今回は『2階の雨樋の集水器から水がドバドバと落ちてきて雨の日にうるさくて困っている』というお問い合わせをいただきました。2〜3ヶ月に1回くる雨樋のつまりのお問い合わせ、今回は屋根からアプローチしなければならない感じでした。では見てみましょう。

雨樋がつまるってどういうこと?

雨樋の役割は雨が降った際に屋根やベランダなどに降った水を地面の方に滞りなく運ぶことです。壁の耐久性にも影響しますので、雨樋の役割はとても重要です。そんな雨樋は水を集めて下(縦樋)に流すために集水器を経由します。その集水器が下の画像のように土や落ち葉などで詰まってしまうケースがしばしばあります。

この状態を店長はプランター状態と呼ぶことにしていますが、うまく流れなかった水は雨樋中に溜まり、どこかが溢れてしまうことになります。その水がエアコンの室外機などに当たったり、直接1階の地面に落ちてしまったりすると音がうるさかったり地面が削られてしまう場合があり、近所の目を気にして相談・・となります。

業者さんの選び方

近いうちに足場をかけるような外壁塗装や屋根の修理などがあれば、ついでにお願いすることもやぶさかではありませんが、雨樋だけのつまり・お掃除を依頼する先って気軽に声をかけられる業者さんってどうやら少ないようです。今回はどこに聞いたらいいかわからないとのことで、日野市の商工会に相談が行き、いくつか紹介してもらった業者の中から、チラシも入っているのを見た事があるという理由でお電話をいただきました。

他にどんな業者さんを紹介されたかとても気になりますが笑、商工会青年部としてお祭りのお手伝いに行ったり、毎月10,000部以上はポスティングしている効果があったのかとちょっと嬉しい選ばれ方です。
業者さんの選び方としては事前に見積もりをしっかり取りに来てもらえるところに頼むといいかなと思います。金額に納得してもらうだけでなく、リスクや作業時間なども聞いて見てください。

作業内容

詰まっている部分の土をなるべくかき出し、どうしても取れないものを高圧洗浄機で洗い流すという方法で対応いたしました。

ベランダやハシゴをかけてアプローチできれば良いのですが、今回はどちらからもアプローチができず、ベランダまでハシゴをかけて上がり、別の脚立を持って2階の屋根上に上がり、上からアプローチすることになりました。しばらく水を流して溢れてこないかなど入念にチェックします。ご依頼主さんには作業前・作業後の写真を撮ってご確認いただくようにしています。

たまたまお隣さんの屋根が近かったため、この写真の足場は安定していますが、そうではない場所はなかなか体勢が悪い箇所もあったり、6月中旬の日差しの強さで高温になっていたりと、多少の怖さもある現場となりました。

ご依頼主さんからもすごく心配されましたが、元々消防署員の店長はハシゴとホースの扱い・安全管理はどちらかというと専門分野です。滞りなく作業を終了させ、想像より早く終わったのでついでのサービスとして駐車場の高圧洗浄も併せて行ったところ大変喜んでいただけました🌟(作業予測との関係で毎回行うわけではありません笑)

まとめ

今回は2階の屋根上から雨樋のつまり解消・高圧洗浄を行いました。なかなか雨樋のつまり・お掃除だけを引き受けてくれる業者さんを探すのってどうやら難しいそうです。我々は〇〇だけという単位でも呼んでいただいて全然構いませんので、これどうかな?と思うことがございましたら遠慮なくお問い合わせください。ではまた

馬場 保孝

馬場 保孝

東京日野市の便利屋さんです。お気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 3年ぶりに1ヶ月で100km走りました

  2. 便利屋と靴屋とマーケティングのお話

  3. 便利屋さんオープンから2年6ヶ月が経ちました

  4. 2階の雨樋のつまり解消・高圧洗浄について / 日野市

  5. 屋外のねずみ駆除のご相談 実行〜完了まで / 多摩市

デジタル分野の便利屋さん

イベント / 音響 承ります

4/6 青梅で開催THE FIRST TRAIL

2024年12月開催に向けて準備中